出世

スキル

【衝撃】出世スピードは錯覚資産の大きさで決まる件

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている なぜ同期のあいつばかり出世していくのか?と思ったことはないでしょうか?横並びでスタートしたはずの同期との社内の出世争いも、結果を振り返れば大きな差になっています。なんであい...
IT業界

【保存版】転職、出世に役立つIT資格とは?

官公庁から仕事を受注する際、〇人月以上の仕事はPM資格保持者〇名いないと入札出来ないルールがあります。この規定は、事実上の業務独占権といえます。官公庁からの仕事は大口でお金を取りっぱぐれる事もありませんから、大手企業はこぞって奪い合いをします。そんな時に、資格ホルダーがいなければ入札出来ずに、みすみすライバルに持っていかれます。そしてこれらの規定に設けられている資格の多くは、IPA情報処理試験、いわゆる国家資格なのです。
出世

サラリーマン平均年収441万円を転職に活かす方法

平成30年データでの日本の平均年収は441万円で、年収UPを狙う転職をするためには必ず抑えておかなければいけない数字が441万円です。というのも、市場の平均値も把握していない状態で、自分の適正価格を求めるのには無理が生じます。自分の年収が平均年収よりも少ないのか、多いのか、平均年収近辺なのか、それぞれのポジションによって転職戦略が変わってくるからです。
出世

高速出世への近道

それは、会社内であまり活性化していない部門やチームへ移籍することです。言葉は悪いですが、窓際的な部署があればそこは狙い目です。もちろんその中で1番になることが目的です。周りに染まってのらりくらりやってたんでは、高速出世はあり得ません。そのチームメンバーの意識を変えてやるほどの意気込みは空回りするだけなので、普通に淡々と仕事をするだけで良いのです。淡々とやるだけでめちゃくちゃ目立てる部署を見つけたら、移籍を検討してください。
出世

【門外不出】座る場所で出世スピードが激変!

リーダーの隣に座ることで、他のメンバーに対して、自分がリーダーに匹敵する発言権があると無意識の内に錯覚させる効果が期待できます。良くも悪くも会議の中心はリーダーなので、少なからずメンバーの意識がリーダーの場所の方に向かうわけです。その隣の空間もその会議ではある意味聖域で、メンバーの錯覚を引き起こすには十分すぎるほどのエネルギーが備わった場所なのです。メンバーに錯覚を引き起こすことを目的てしてリーダーの隣に座るので、さもサブリーダーかのように振舞うと、より一層その効果は高まります。
出世

【検証】プログラマ35歳定年説はウソだった?

当時のIT業界のキャリアパスは現在ほど多様化しておらず、まずはプログラマで入門してから、先輩たちが作ったプログラムを検証するテストエンジニアとして数年過ごし、そこである程度の実績を積んでから、実際にプログラムを構築できるプログラマに昇格する。プログラマになったとはいえ、は好き勝手プログラミング出来るわけではなくて、SEが設計した仕様書通りにプログラミングを記述する必要があったわけです。要するに、プログラマの次のステップは設計できるSEであり、このステージにたどり着くのが35歳位であったことから、プログラマ35歳定年説がにぎわったように感じます。
出世

同期を出し抜く!スピード出世虎の巻

昇進することのメリットは年収が上がること、会社内での権力が増すことが思いつきますが、実はそれらのメリット以上の旨味にありつけます。それは、次の役職への挑戦権を手にすることが出来るという事です。一般的には、平社員以降の階層は以下の通りで、 平社員→主任→係長→課長→次長→部長→取締役 とステップアップしていくと思います。
タイトルとURLをコピーしました