転職理由に「年収アップ」と言うのは、ありなのか?

処世術 転職

転職理由の上位にランクインする「年収を上げたい(年収アップ)」ですが、いざ面接官に転職理由を聞かれると、「御社の理念に共感した」とか、訳のわからない理由を平気で言ってしまうケースが目立ちます。ぼくが面接官をしたときにも、実際にそういう方は多かったように思います。そして、そういう回答をする方の多くは、後日お祈りメールが届くのではないかと思います。

結論から言うと、「年収アップ」が目的の転職ならば、「年収を上げたい為」とはっきり伝えるべきです。年収を上げるだけの根拠が伝われば、採用への門はグッと開きます。というのも、いくつか理由があります。

そもそも、転職する理由なんて限られている

転職理由は大きく分けると以下の3つです。

1.職場改善

2.年収アップ

3.他にやりたいことがある

もちろん、細かく分けたらもっとたくさんありますし、上記にはまらない少数派の理由もありますが、概ね、上記の3つに当てはまります。例えば、上司と反りが合わないとか、満員電車での通勤が嫌だとか、転勤命令が出たから、といった理由での転職は、職場改善に当てはまります。とくに人間関係の悩みでの転職は圧倒的に多いですね。それらは全て職場改善型の転職です。

年収アップが理由となる転職パターンも多いです。真の転職理由が職場改善の方であっても、ついでに年収アップが期待できるのであれば、、、と思っている方も多いと思います。単純に年収アップだけが目的ではなくて、長期的な視点で市場価値を高めたい方も、ここに属します。そういう意味では、大部分の転職者が、年収を上げたいと思っていることは間違いありません。

他にやりたいことがある、というのもよくある転職理由の一つです。とくに若いうちはそういった衝動に駆られることもあるでしょう。ただこれは、上記で挙げた職場改善や年収アップ理由と複雑に絡み合っています。いまの職場環境が不遇だから、職種を変えたいと思う転職者もいるし、いまの職種では年収が少ないから、職種を変更したいと思っている転職者もいるからです。

簡単に例を挙げてみましたが、転職理由なんて絞っていけば、だいたい上記の3つです。したがって、年収アップが理由で転職するのは、恥ずかしいことでもやましい事でもなく、至って普通の転職理由なのです。職場改善が転職理由の場合は、どうしてもネガティブな印象は払拭出来ないので、そういう意味では「年収アップ」が転職理由のほうが、ポジティブな印象を与えるので、逆に「年収アップ」を理由にしたほうが良いくらいです。

自分に正直な方が言葉に力がある

面接官をしていると色々と見えてくることがありますが、面談者と対面で話をしていると、言葉の熱量が見えてきます。ぼくは人事のプロではないので、細かいレベルでの判断は出来ませんが、素人のぼくでも、言葉の熱量の差は感じることが出来ます。その熱量差は、自分に正直かどうかで決まると思っています。

例えば、冒頭でも説明しましたが、「御社の経営理念に共感しました」と言われても全くぼくには響きません。なぜならば、あまりにも当たり障りのない表現だからです。そういう場合は、まず経営理念に共感頂いている事を感謝したあと、「入社後、弊社の経営理念に沿ってどういう行動をしていきたいのですか?」を聞きます。たいていの人は、回答に詰まるか、ちぐはぐな回答になるか、当たり障りのない回答で終わります。もちろん、本当に経営理念に共感してくださる方もいるので、上記の質問をしかけるのです。アクションプランが明確になっていると、本当に共感してくれているのだなと思えます。ようするに、本当に思っていること、考えていることを伝えたほうが、言葉に熱量があるので、相手に伝わりやすいのです。

ロジカルシンキングが出来る

「年収アップ」を転職理由に挙げるからには、説得するだけの材料が必要です。当たり前ですが、「子供の教育費にお金が掛かるから年収を上げたい」といった理由なんて通用しません。パートの面接なら大目に見てもらえるかもしれませんが、正社員雇用の面接でこれを言うと、確実にOUTです。

そうではなくて、「プロとして年収にはこだわっていて、アウトプットを正当に評価していただける会社に転職したい」と言ったほうが潔いし、正しいロジックです。平均年収よりも多めの年収を要求するのであれば、面接官に納得させるだけの根拠を提示する必要がありますが、それらは一種の提案活動です。面接の場で自分の年収をロジカルに交渉できる人材は少ないので非常に貴重です。誰もが年収を上げたいと思っているので、その点は理解できますが、面接の場で他者と差をつけるには、どうしてもロジカルな説明が必要になってくるのです。

ポジティブ理由につなげやすい

転職理由は大きく分けて3つになると、冒頭でも伝えましたが、その中でも「年収アップ」が転職理由な場合は、ポジティブなケースが目立ちます。年収を上げたければ、アウトプットの質も量も高める必要がありますので、スペックが高い人材である必要があります。うまく行かない理由をみつけては文句ばかりを言う、ネガティブ思考の人材は確実に敬遠されます。とくに職場環境を変えたい場合は、人間関係で悩んで転職するケースが多いので、ネガティブ理由につながるので、採用を敬遠されがちです。

当たり前ですが、ポジティブ理由とネガティブ理由の2つならば、ポジティブ理由の方が良いに決まってます。そういう意味では、「年収アップ」が転職理由の場合、ポジティブ理由につなげやすいのです。面接官としても、ある程度は採用した人材がアタリだったのか、ハズレだったのかが、人事評価につながってしまうので真剣です。とくに人事部は評価に直結しますし、現場の採用担当は自チームの戦力に直結するので真剣なのです。となると、少しでもポジティブシンキング出来る人間を採用したほうが、アタリ人材である確率が高いと分かっているので、採用されやすくなるのです。

おさらい

「年収アップ」を理由に転職するのは「あり」です。もちろん、面接でその旨を伝えても問題ありません。ただし、平均年収以上の年収を求めるのであれば、それなりの根拠を提示する必要があります。また、「カネがほしい。。。」と、あからさま過ぎる表現ではなくて、プロ意識を全面に押し出したポジティブな表現に変えてやれば、面接官の心象も良くなり採用される確率が高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました