転職

出世

サラリーマン平均年収441万円を転職に活かす方法

平成30年データでの日本の平均年収は441万円で、年収UPを狙う転職をするためには必ず抑えておかなければいけない数字が441万円です。というのも、市場の平均値も把握していない状態で、自分の適正価格を求めるのには無理が生じます。自分の年収が平均年収よりも少ないのか、多いのか、平均年収近辺なのか、それぞれのポジションによって転職戦略が変わってくるからです。
転職

ハローワークと転職サイトのメリット・デメリット

個人的に一押しなのが、「スカウト」機能です。この機能はハローワークにはありません。企業の採用担当者が求職者のレジュメを閲覧して(企業側から会員の個人情報は非公開)、自社にマッチしているスキルセットを持っている会員に対してアプローチする機能があります。興味通知レベルのものから、本格的なオファーもあります。また、「書類選考免除」や「一次選考免除」といった特典をつけてオファーする機能もあり、ここまで転職市場を活性化させた要因が「スカウト」機能だと思います。
転職

【永久保存版】ITエンジニアの為の転職サイト活用法

この「スカウト」機能のなかにも、スカウトの重みが色々あって、「興味あり」と軽いDM形式のものから、「書類選考免除」や「一次面接免除」、「前給保障」などのお得な特典をつけてアプローチをする「スカウト」もあります。また「プレミアムスカウト」の場合、名前の通りプレミアムな特典がついてきます。具体的には、「年収800万円以上保障」や、「部長待遇保障」などがあります。若くて能力が高そうな人には、「年収600万以上保障」や「課長待遇保障」などのプレミアムな特典がついてくるスカウトもあります。
出世

【検証】プログラマ35歳定年説はウソだった?

当時のIT業界のキャリアパスは現在ほど多様化しておらず、まずはプログラマで入門してから、先輩たちが作ったプログラムを検証するテストエンジニアとして数年過ごし、そこである程度の実績を積んでから、実際にプログラムを構築できるプログラマに昇格する。プログラマになったとはいえ、は好き勝手プログラミング出来るわけではなくて、SEが設計した仕様書通りにプログラミングを記述する必要があったわけです。要するに、プログラマの次のステップは設計できるSEであり、このステージにたどり着くのが35歳位であったことから、プログラマ35歳定年説がにぎわったように感じます。
転職

これさえあれば安心して転職できる!ブラック企業を見抜く方法

転職は人生の転機になる重要なイベントですからね。しかも気軽にできるものではなくて、それなりのエネルギーを使います。行き当たりばったりの運任せの転職をすると、ぼくの2回目の転職みたいにブラック企業を引き当ててしまう可能性があります。なので運任せの転職ではなくて、きちんと調査をすれば事前にブラック度が見えてきますので、転職する前には必ず転職口コミサイトで調査をしてから転職活動を行ってくださいね。
転職

誰でもなれる高収入ITエンジニアになる方法

IT業界全体が売り手市場であるのが最大の理由ですが、どの企業も能力のある人材を確保したいという思いが強く、その結果、エンジニアの年収が高騰しています。そして優秀な人材かどうかを判断する一番手軽な物差しが年収となります。
タイトルとURLをコピーしました