転職

転職

面接選考の攻略法

ちなみに、ぼくが面接官に共感してもらう手法として一番おすすめなのが、失敗経験を語ることだと思っています。これは良い意味で破壊力あります。面接の場で堂々と失敗談を話す人にはあまり遭遇しませんのでインパクトはあるし、そこからどのように乗り越えて来たのかに非常に興味があります。本当にこの話題は盛り上がります。
転職

書類選考通過のコツ

面接官に会ってみたいと思わせる 転職における第一関門が書類選考通過です。書類選考に通過しなければ、面接のステージにすら進めません。いくら面接でのプレゼンに自信があっても、そのステージに進めなければ全く意味は無くなるので、書類選考は重...
転職

転職の難易度は新卒採用よりイージー

転職がイージーな理由 時間的なリミットが無い転職市場 新卒市場と比べて転職市場が圧倒的に有利な点は、時間的なリミットが無い事です。新卒は学校卒業する年の4月入社と、絶対に変わる事の無いルールが決まっているので、多くの新卒社会人...
IT業界

【保存版】転職、出世に役立つIT資格とは?

官公庁から仕事を受注する際、〇人月以上の仕事はPM資格保持者〇名いないと入札出来ないルールがあります。この規定は、事実上の業務独占権といえます。官公庁からの仕事は大口でお金を取りっぱぐれる事もありませんから、大手企業はこぞって奪い合いをします。そんな時に、資格ホルダーがいなければ入札出来ずに、みすみすライバルに持っていかれます。そしてこれらの規定に設けられている資格の多くは、IPA情報処理試験、いわゆる国家資格なのです。
転職

転職成功率を飛躍的に高める転職フェア攻略法

転職フェアに何度か出展していると、最終的に内定通知をもらう人の共通点がわかります。それは、きちんと事前準備をしていることです。毎回だいたい1名位は、面談の際に弊社(ぼくの会社)の調査をしています。HPで調べてきたレベルなのですが、会社の歴史や社長の名前もきちんと調査をしてくれていて、積極的にその話題を振ってきます。採用担当の我々も点数稼ぎなのは分かっていても嬉しいものです。いや、めちゃくちゃ嬉しいのです。なぜならば、そういう調査をきちんとしてきてくれる方は、毎回1名程度だからです。
転職

プログラミング言語年収ランキング

ちなみに「Go」の平均年収は600万円で、サラリーマンの平均年収441万円を大幅に上回っています。しかもこの言語は歴史が浅いので、50代60代の高年齢層に浸透していないと考えられます。ボリュームラインは20代30代なので、その年齢層で年収600万円となるとかなりの高年収と言えます。
出世

サラリーマン平均年収441万円を転職に活かす方法

平成30年データでの日本の平均年収は441万円で、年収UPを狙う転職をするためには必ず抑えておかなければいけない数字が441万円です。というのも、市場の平均値も把握していない状態で、自分の適正価格を求めるのには無理が生じます。自分の年収が平均年収よりも少ないのか、多いのか、平均年収近辺なのか、それぞれのポジションによって転職戦略が変わってくるからです。
転職

ハローワークと転職サイトのメリット・デメリット

個人的に一押しなのが、「スカウト」機能です。この機能はハローワークにはありません。企業の採用担当者が求職者のレジュメを閲覧して(企業側から会員の個人情報は非公開)、自社にマッチしているスキルセットを持っている会員に対してアプローチする機能があります。興味通知レベルのものから、本格的なオファーもあります。また、「書類選考免除」や「一次選考免除」といった特典をつけてオファーする機能もあり、ここまで転職市場を活性化させた要因が「スカウト」機能だと思います。
転職

【永久保存版】ITエンジニアの為の転職サイト活用法

この「スカウト」機能のなかにも、スカウトの重みが色々あって、「興味あり」と軽いDM形式のものから、「書類選考免除」や「一次面接免除」、「前給保障」などのお得な特典をつけてアプローチをする「スカウト」もあります。また「プレミアムスカウト」の場合、名前の通りプレミアムな特典がついてきます。具体的には、「年収800万円以上保障」や、「部長待遇保障」などがあります。若くて能力が高そうな人には、「年収600万以上保障」や「課長待遇保障」などのプレミアムな特典がついてくるスカウトもあります。
出世

【検証】プログラマ35歳定年説はウソだった?

当時のIT業界のキャリアパスは現在ほど多様化しておらず、まずはプログラマで入門してから、先輩たちが作ったプログラムを検証するテストエンジニアとして数年過ごし、そこである程度の実績を積んでから、実際にプログラムを構築できるプログラマに昇格する。プログラマになったとはいえ、は好き勝手プログラミング出来るわけではなくて、SEが設計した仕様書通りにプログラミングを記述する必要があったわけです。要するに、プログラマの次のステップは設計できるSEであり、このステージにたどり着くのが35歳位であったことから、プログラマ35歳定年説がにぎわったように感じます。
タイトルとURLをコピーしました