転職

転職

エージェントサービスを体感しよう 〜DODA編〜

エージェントサービスとは 非公開求人を含む求人の紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。 DODA転職エージェント くわしくはこちらの記事で。(なぜ転職エージェントを活用したら、大幅に年収があがるのか?) ...
転職

なぜ転職エージェントを活用したら、大幅に年収があがるのか?

結論:会員の年収が上がれば、エージェントの報酬が上がる。だから必死! 転職エージェントは何をしてくれるのか? 転職エージェントとは、直訳したら「転職代理人」で、その名の通りあなたに代わって転職の全てをやってくれます。全...
転職

転職1ヶ月間でやるべき事

転職してから1ヶ月間は、徹底的な人脈構築することが、その後のキャリアに大きく響きます。前職と違って、同僚との信頼関係が無い状態ですので、圧倒的なビハインドでのスタートとなります。たった1ヶ月間では時間が少なすぎますが、それでもこの1ヶ月間は超重要です。入社後1ヶ月間程度は、職場に新しい風が吹いた物珍しさからか、基本的には好意的に受け入れてくれます。好意的というよりは、周りも気を使ってくれているといったほうが正解かもしれません。いずれにせよ、最初の1ヶ月間はとても貴重な時間帯です。この時間を有効に活用しましょう。
転職

転職初日から1週間でやるべき事

転職初日。入社してはじめて現場に配属されるわけですが、おそらく多くの転職者が初日に面食らうと思います。転職してきた本人にとっては特別な日であっても、来られた方としては大した変化はありません。入社するまでの間、ずっと窓口になってくれていた人事担当の方は愛想よく接してくれていたかもしれませんが、基本的に現場はそっけない感じだと思います。もちろん現場の人間が悪いわけではありません。人事担当は人事のプロなので、転職者の扱いにも慣れたものです。場合によっては転職市場から見つけ出し、自社に来てもらうまでが仕事なので転職者を丁重に扱ってくれます。しかし、現場はそんなことは関係ありません。逆に少し警戒している可能性すらあります。とりあえずは、入社してから自分は特別な存在ではなかったと気づくよりも、入社前から知っておくと面食らわずに済むかと思います。
転職

【転職レベルUP】求人情報の見極め方

転職サイトに登録が済んだら、企業からたくさんのオファーや、ヘッドハンターからのスカウトが来ると思います。ただし、オファーに嬉しくなって舞い上がってしまうのはいけません。なぜならば、自分が思い描いたような企業では無いかもしれないからです。今回はたくさん来る求人情報の中から、企業の業態や実態など、オファーメールからでは読み取ることが出来ない情報の見つけ方や、判断の仕方をお伝えしたいと思います。
出世

転職も昇進もこだわらない時の賢い生き方

高年収エンジニアを目指すために、転職や昇進の戦略をつらつらと謳ってきましたが、ライフスタイル多様化のこのご時世、転職にも昇進にも興味がなく、自分らしくのんびりと生きていきたいという方もいると思います。もちろんそういう生き方も素敵だと思います。ぼく自身もそういう生き方をしていた時期もありました。特に子供が小学入学前だと、家庭の慌ただしさが先に立って、転職や昇進にまで気が回らない時期もあるものです。そこで今回は、転職も昇進もこだわらない時の賢い生き方、社内での振る舞い方を解説していきたいと思います。
転職

転職に成功しやすい人の特徴

転職に成功の定義は、単に転職することが出来たかどうかだけではなくて、転職先で活躍できる、または転職してよかったと思える転職を指します。転職に失敗する人の定義は、採用面接で何回も落とされ、いつまで経っても転職できなかったり、転職出来たとしても、転職したことを後悔するようなケースは失敗と言えます。今回は転職に成功する人と、転職に失敗する人の違いに着目し、転職を成功させる人はどういうマインドなのかをおさらいしたいと思います。
出世

転職しなくても「職務経歴書」を書くべき5つの理由

「職務経歴書」とは、自身の職務経歴を文字情報にしたものです。「職務経歴書」を書くこと以外に、自分の職務経歴を文字情報に変換する機会をぼくは知りません。人生のほとんどを仕事で費やすのに、多くの人はその記録を残していないのです。これってとてももったいないことですね。経歴を記録として残すどころか、仕事の振り返りすらしていないのが現実だと思います。
転職

転職時の不安の正体

転職時の不安の正体とは、「変化を拒絶する人間の本能」です。誰もが変化を恐れているので、あなたが特別だと言うわけではありません。逆に言うと、この不安を乗り越えた人間は強くなることが出来ます。乗り越えることが出来なかった人間は弱いので、その瞬...
転職

面接選考の攻略法

ちなみに、ぼくが面接官に共感してもらう手法として一番おすすめなのが、失敗経験を語ることだと思っています。これは良い意味で破壊力あります。面接の場で堂々と失敗談を話す人にはあまり遭遇しませんのでインパクトはあるし、そこからどのように乗り越えて来たのかに非常に興味があります。本当にこの話題は盛り上がります。
タイトルとURLをコピーしました