コラム

正論を武器にする人間が、仕事が出来ない本当の理由

正論を武器に議論してくる奴って、相手するのしんどいですよね。概ね年長者に観られがちです。そして彼らは、大概現場のことを知りません。しかしいざ議論となると、正論なので論破できずに言いくるめられてしまいます。上司がこのタイプの人間ならかなりし...
転職

エージェントサービスを体感しよう 〜DODA編〜

エージェントサービスとは 非公開求人を含む求人の紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。 DODA転職エージェント くわしくはこちらの記事で。(なぜ転職エージェントを活用したら、大幅に年収があがるのか?) ...
転職

なぜ転職エージェントを活用したら、大幅に年収があがるのか?

結論:会員の年収が上がれば、エージェントの報酬が上がる。だから必死! 転職エージェントは何をしてくれるのか? 転職エージェントとは、直訳したら「転職代理人」で、その名の通りあなたに代わって転職の全てをやってくれます。全...
コラム

戦略ゲームで勝つ方法をそのまま実生活で使うと人生がイージーモードになる件

ゲームの理論「囚人のジレンマ」 ゲームの理論で有名な「囚人のジレンマ」一度は聞いたことがあると思います。簡単に説明すると、強盗で捕まった二人組の囚人が別々の部屋で取り調べを受けます。 ・囚人Aだけが罪を認めたらAは釈放。囚人B...
出世

昇進のメリットだけを10個列挙してみた

出世争いに生き残れなかった人からの言い分や、恨み節が出回ってるケースも多くあります。社内を見渡すと、そういった年配の方々も多く、中間管理職に否定的な方も多く見受けられます。こういった声をまともに聞いて、昇進しない方が得だと思うのはとても危険です。役職なし年長者からみると、年下の昇進は面白くない事は理解できますが、課長にもなったこともない人が、「課長は大変だからなるもんじゃない」と吹いたところで悲しいです。悪意があって吹いている人ばかりでも無いかもしれませんが、そういった声に耳を傾けるべきではありません。
IT業界

IT土方最底辺のレベルを教えよう

覚悟は出来てるか?悲しい現実を教えよう 今回は先に釘を打っておきますが、現実を知るということは時に小説よりも残酷な事実が浮き上がってきたりもします。可能な限り中立に根拠となるデータを提示しながら、IT業界の最底辺の実態を映し出していきたいと思います。またぼくは、少なからずIT土方の最底辺に滞在していたので、ある程度は実体験をベースとした記事になっていると思います。そのへんを意識して読み進めてください。
コラム

【番外編】「蜘蛛の糸」– あるITエンジニア編 —

ある日の事でございます。プロジェクトマネージャーは開発室のほとりを、独りで御歩きになっていらっしゃいました。パーティションの隙間から、ふと中の様子をご覧になられると丁度そこは炎上プロジェクトが燃え盛っておりました。するとその中に他のエンジニアと一緒にうごめいている、ある男が御眼に止まりました。
転職

転職1ヶ月間でやるべき事

転職してから1ヶ月間は、徹底的な人脈構築することが、その後のキャリアに大きく響きます。前職と違って、同僚との信頼関係が無い状態ですので、圧倒的なビハインドでのスタートとなります。たった1ヶ月間では時間が少なすぎますが、それでもこの1ヶ月間は超重要です。入社後1ヶ月間程度は、職場に新しい風が吹いた物珍しさからか、基本的には好意的に受け入れてくれます。好意的というよりは、周りも気を使ってくれているといったほうが正解かもしれません。いずれにせよ、最初の1ヶ月間はとても貴重な時間帯です。この時間を有効に活用しましょう。
転職

転職初日から1週間でやるべき事

転職初日。入社してはじめて現場に配属されるわけですが、おそらく多くの転職者が初日に面食らうと思います。転職してきた本人にとっては特別な日であっても、来られた方としては大した変化はありません。入社するまでの間、ずっと窓口になってくれていた人事担当の方は愛想よく接してくれていたかもしれませんが、基本的に現場はそっけない感じだと思います。もちろん現場の人間が悪いわけではありません。人事担当は人事のプロなので、転職者の扱いにも慣れたものです。場合によっては転職市場から見つけ出し、自社に来てもらうまでが仕事なので転職者を丁重に扱ってくれます。しかし、現場はそんなことは関係ありません。逆に少し警戒している可能性すらあります。とりあえずは、入社してから自分は特別な存在ではなかったと気づくよりも、入社前から知っておくと面食らわずに済むかと思います。
コラム

稼ぐエンジニアは知っている!経営者の頭の中身

会社の中でも一番偉いのは社長です。部長や役員クラスを束ねて彼らに指示をする存在なので、社内でもダントツの権力者が社長だと言えます。男子高生が選ぶなりたい職業ランキングでも経営者は2位に位置づけるなど、相変わらずの人気の高い職業なのですが、実際のところ何をしているのかよく分かっていない方もいらっしゃると思います。本当の意味で社長の仕事を理解している人は少ないのでは無いでしょうか?ぼくも若い頃はよく分かってませんでした。そこで今回は、そんな経営者の頭の中身を覗いてみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました